• 11,000円(税込)以上ご購入で送料無料

11,000円(税込)以上ご購入で送料無料

デニム研究所

  • Instagram
  • facebook

どうやってジーンズは出来るの?

デニム研究所 by JAPAN BLUE さんすて岡山店

ふかっちゃん

 

皆さま、こんにちは!
ふかっちゃんです。

 

「色落ち研究室」をきっかけに、生地や色落ちの面白みを再確認しているのですが、
それらを語る上で欠かせないのが、「作り方」。
普段何気なく穿いていますが、
今回は、ジーンズがどのようにして出来るかを大まかにご紹介致します!

 

まずは、「綿花」。
上の写真は、実際に現地(コートジボワール)で採れたものです。
綿花はその地域や環境によって、色やしなやかさなどの特性が異なります。
それらのいらない部分を除き、撚(よ)ることで、糸になります。

 

上の綿花に様々な処理を行い出来るのが、こちらの糸。
一言に「糸」と言っても、糸の硬さ等は、作り方によって千差万別に。
ちなみにこのような、数mの糸をまとめたものを「チーズ」と呼びます。
この「チーズ」を織機にセットし、生地を作り、染色、縫製等を行うと・・・

 

ジーンズの出来上がりです!
一気に完成まで来てしまいました(笑)
「綿」をどのように選び、「糸・生地」をどのように作るかが
ジーンズ作りにおいてとても大切で、後の穿き心地や色落ちに大きく影響します。

 

デニム研究所では、各工程にこだわったジーンズを多数ご用意しておりますので、
実際に触って比較しみてくださいね。

さんすて岡山店では綿花やチーズもご覧頂けますので、店頭でお待ちしております!