• 11,000円(税込)以上ご購入で送料無料

11,000円(税込)以上ご購入で送料無料

デニム研究所

  • Instagram
  • facebook

色落ち研究室 1month≪経過観察≫staff編

デニム研究所 by JAPAN BLUE さんすて岡山店

muro

皆さま

こんにちは!muroです。

お待たせいたしました。色落ち研究室経過報告です。

今回は、店舗スタッフの色落ちに注目!どんな風に育っているか。

▶さんすて岡山店研究員:深澤さんJ466 by JAPAN BLUE JEANS

ゆったりサイズをチョイスしているため全体的な色落ちは激しくないが、ほんのり鮮やかなブルーが顔を出す。

特徴的なのはやはり角。コートジボアール16.5ozは
しっかりした生地感で角の鋭利さは残るものの、色落ちはしっかりでてくる。
416時間着込んだデニムの裾は彼愛用のVANSとの擦れでユニオンスペシャルで丈上げした斜めに入る色落ちはお手のモノ。

 

▶桃太郎ジーンズ青山店:渡邊店長0901 by MOMOTARO JEANS

 

世界最特濃に染め上げたジンバブエコットンは
特濃、特有の鮮やかなブルーは自転車で通勤するライフスタイルをしっかり出してくれている。
柔らかさは100時間で感じられ、色落ちは200時間経過して顔を出し始めた。
防縮加工やよじれ矯正加工、毛焼きなどの整理加工を行っていない「キバタ」特有の育ちは、290時間着用では裾にこそ見て取れる。

 

▶さんすて岡山店研究員:薮井さんJ494 by JAPAN BLUE JEANS

色が落ちないSHIN-DENIMの実力。
72時間穿きこんで、ジップフライの周りの生地感が柔らかくなり閉開しやすくなったが全く生地のヘリの色落ちもない。
104時間穿きこむことで、出た膝裏のハチの巣はやっと自分のジーンズと思える表情を出し始めた。
それは、1ヶ月履き続け、色落ちをしないSHIN-DENIMは
JAPAN BLUE JEANSの「生地を楽しむ」を極めたアイテムかもしれないと気付く。

 

さあ、ここからこの三本はどう育っていくのか。

こうご期待。

 

 

PICKUP ITEMS

この記事に登場した商品

J466

¥17,600(税込)