• 11,000円(税込)以上ご購入で送料無料

11,000円(税込)以上ご購入で送料無料

デニム研究所

  • Instagram
  • facebook

【元生地屋が解説#7】

デニム研究所 by JAPAN BLUE 倉敷店

吉田

皆様、お元気ですか?!

”今回は染色について。”

生地の染色は大きく分けて先染めと後染めの二通り。

先染めというのは糸の段階で染色することで、以前書かせて頂きましたようにデニムは先染めになります。
織る前に染めるので糸の色、配列を変えて様々な柄の生地を織ることが出来ます。
チェックや、ストライプ等のシャツ地やデニムが先染めの代表的生地です。

これに対してチノパンの様な単色の生地が後染めになります。
先染のように染色した糸を用意してから織るのではなく基布と呼ばれる生成りの生地を織り、
必要な分だけ必要な色に染めれる後染めは多様なニーズのある現代において非常に重宝されます。

もちろん先染めには先染めの良さが当然あり、後染めだと表情がフラットになりがちですが、
先染めにする事で表情に変化を付けたりと目的、用途により使い分けています。

先染めには綿(わた)の段階で染めるTOP 染め。
また、製品で染める染める製品染め。
既に染色した商品の上からさらに色を乗せるOver Dye など方法は多岐に渡り、
これらを組み合わせたりしてキャラクターを構成していきます。

それではデニム研究所取扱商品から先染め、後染めの特徴が分かる商品をいくつか紹介させて頂きます。

≪SETTO≫

CTX-033 / NAJA PANTS(先染め)
https://www.denimlabo.com/c/setto/st-recommend/ctx-033

 

ST-PT024/ DOKONO PANTS (後染め)
https://www.denimlabo.com/c/setto/st-newitems/STL-PT058

 

シルエットはほぼ同じですが、デニム(先染め)のNAJA PANTS と 後染めの DOKONO PANTS
生地が違うと表情や印象がかなり違います。
超ハイウエスト、超ワイド、前に向かって丸みのある超個性的なシルエット。
ハイウエストでスタイリッシュに穿いても良し、少しルーズに履けばやんちゃな感じにもなります。

 

≪JAPAN BLUE JEANS≫

J8717SS (先染め)


https://www.denimlabo.com/c/japanbluejeans/jb-mens/jb-m-jeans/jb-m-series/jb-m-calif/J8717SS

人気のCalifシリーズ <Sun-set> デニム研究所倉敷店でも人気のモデルです。
細身のテーパード・シルエット、ストレッチが効いているので体にフィットする優しい穿きごごち。
激しすぎないナチュラルなダメージ加工で穿き込んだ感のあるデニムです。

J8717BSS ( Over dyed)


https://www.denimlabo.com/c/japanbluejeans/jb-all/J8717BSS

上でご紹介したCalif / Sun-Set を、
今回は新たな試みで製品染めしてBlack にしてみました。
先染めの製品にBlack 顔料でOver dyed。
顔料を使用しているので染まるというよりかはインディゴの上にBlackを乗せる感じ。
穿き込んでいけば顔料が剥げてインディゴの青みが出てきますが、
緯糸の方は黒が薄くなってグレーぽくなっていくので、今までにない感じの色落ちを楽しんで頂けます。

どうでしょう?
インディゴの方は爽やかな感じで、海、サーフなイメージ。
それをBlackでOver dyeすると少しパンキッシュな感じに変化、
ハードコア系スケーターとかが穿いてそうなイメージ?

同じ商品でも染色方法を変えるとかなりイメージが違いませんか?

今回は染色について書かせて頂きました。
商品のキャラクターは染色だけでなく糸の形状、染料、生地組織、仕上げ加工等の要素が組み合わさって決定するので、染色方法を変えるだけでもイメージは変わってきます。

インディゴ染料を使うとして、先染めにするのと後染めではかなり違つてきます。
更に、ロープ染色するのと、、、、。
キリがないのでこの辺で辞めますが、組み合わせは無限です。

長々と書かせて頂きましたが、今回はいかがでしたか?
僕もブログを書くので再度生地のことを勉強したり人に聞いたりするのですが、今まで知らなかったことや新しい発見が有ったりと楽しんでいます。

【元生地屋が解説】という事で僕のブログはシリーズになっています。
宜しければ過去の投稿も合わせて読んで頂き、服選びの際の参考にして頂けたら嬉しいです。

#1 そもそもセルビッチとは、なぜ日本のデニムが…https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/20210128_ysd/

#2 デニムの染色について
https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/20210301ysd/

#3 製織 織機について
https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/20210402/

#4 織機 part 2
https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/20210603/

#5 整理加工 仕上げについて

https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/2021-07-01/

#6 ヨコ打ち換え 生地の話
https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/20210730/

またコロナが増えて緊急事態が出ています、くれぐれも健康には気を付けてください。
早く緊急事態が解除されて、皆様と安全にお会いできる日が来ることを祈っています。

ではまた。

======================

デニム研究所 by JAPAN BLUE

「デニム研究所とは?」

倉敷・児島のテキスタイルメーカー「ジャパンブルー」が手掛ける5つのジーンズブランドを様々な視点でセレクトしたブランド複合型店舗。

「自分の個性にフィットしたジーンズ」を発見できるラボラトリーのような空間を展開し、ブランドの垣根を越えて新しいスタイリングを提案していきます。

取り扱いブランド:桃太郎ジーンズ/JAPAN BLUE JEANS/URVIN/SETTO/NEGATIVE DENIM

 

桃太郎ジーンズやJAPAN BLUE JEANS・SETTOなどデニム研究所でお取り扱いのある製品を全てお試しいただけます。

 

【TRY ON SERVICE お問い合わせ先】

デニム研究所 さんすて岡山店
Mail:denimlabo-ok@japanblue.co.jp
TEL:086-206-3955
Instagram:@denimlaboratory_storeofficial
Twitter:@denimlabo_JB

 

【店舗情報】

◆倉敷店

ADDRESS:岡山県倉敷市本町5-8
TEL:086-436-7347
MAIL:denimlabo-kr@japanblue.co.jp

 

◆さんすて岡山店

ADDRESS:岡山県岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山北館1F
TEL:086-206-3955
MAIL:denimlabo-ok@japanblue.co.jp

 

◆ONLINE SHOP

URL : www.denimlabo.com/
TEL:086-486-0002

 

◆SNS

Instagram:@denimlaboratory_storeofficial
Twitter:@denimlabo_JB
Facebook:@denimlaboratory.store.official
YouTube:JAPAN BLUE Channel

======================