• 11,000円(税込)以上ご購入で送料無料

11,000円(税込)以上ご購入で送料無料

デニム研究所

  • Instagram
  • facebook

【元生地屋が解説#8】

デニム研究所 by JAPAN BLUE 倉敷店

吉田

皆様 お元気でしょうか?

デニム研究所倉敷店 吉田です。

またまた生地について書かせて頂きますが、今回はデニム生地では無くコーデュロイです。
秋冬のボトムス、アウターの定番生地のコーデュロイ、当店にも秋冬商品で各種入荷してきてます。

もともとはWork系のアイテムに使用されるイメージが強い生地ですが、独特な畝のある表情や
毛羽だった柔らかい手触り光沢感など、各種ファッションアイテムに使いやすい生地です。

コーデュロイ(日本ではコール天とも呼ばれます)はパイル織物になります。
パイル織物(添毛織物とも言う)は名前の通り表面にパイル(ループ状の糸)が出来るように織る織物です。
吸湿性、保温性に優れ代表的な素材としてはタオル地が有ります。

この表面に織り出したパイルをカットしていない物がループパイル、タオルはこれです。
パイルをカットした物をカットパイルと呼びます。
コーデュロイはカットパイルになります。

パイル織も織物なので当然経糸と緯糸で構成されています。
コーデュロイは緯糸でパイルを作ります。
ちなみに経糸でパイル作る生地がヴェルヴェットで、あとタオルもタテパイルです。

デニムだと生地をオンスで区別しますが、コーデュロイはWell(ウエル)で区別します。
Wellとは 1インチ間の畝の数の事です。
Wellの数字が少ないと畝が太くなり当然生地も厚くなります。

一般的に大体3~8Wellの物を太畝/ジャンボコール、
9~16Well辺りが中畝/ ズボンコール、これより細い畝の物が細畝/シャツコール

中畝が一般的にトップスやボトムス用、細畝はシャツとか夏物という感じ。

太畝もアウターやボトムスに使用されます。

超太畝はあまり一般的ではないかもですが特徴的な見た目は迫力が有り、
アウターに限らず様々な用途で使えると思います。‼

後、コーデュロイには上下があります!
毛羽があるので裁断の際に毛並みを揃えていないと色の見え方や艶にムラが生じてしまいます。
なので毛羽が立つように逆毛に揃えます。
上から下に触ったときザラザラする向きが逆毛です。
毛並みが毛羽立っていないと手触りはツルツルしますが見た目が白っぽく見えてしますので、
ブラッシングしたりする際は逆毛にしてあげてください。

今回はデニム同様にWork 由来ながら現代では定番ファッションアイテムの一つ
コーデュロイについて書きました。
秋冬商品でデニム研究所にも入荷してきていますので紹介させていただきます。

URVIN by JAPAN BLUE JEANS

【UP420301 】

14W の生地を使用。
URVIN の定番ジーンズのBardot と共通のゆったり目のストレートシルエット。
畝数が多い生地なのでカジュアルになり過ぎづ太めのシルエットとの相性はバッグン。
別色でチャコール・グレーも有り。

SETTO

【STL-PT060 /UNEALL】

https://www.denimlabo.com/c/setto/st-women/st-w-bottoms/st-w-overalls/STL-PT060

8Wの太畝コーデュロイ使用のオーバー・オールです。
シンプルなデザインにカジュアル感のある太畝を落とし込み且つ、
カジュアルになり過ぎ無いよう落ち着いた色目(ダーク・グレー / アイボリー)を選択。
使い分けの幅の広いオーバーオールになっています。

このほか当店の青山店長の過去ブログでもSETTOのコーデュロイ紹介しています‼
ご参考にしてみてください。↓
https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/dl20210930setup/

今回はデニム以外の生地の解説でした。
では、また次回‼

 

【元生地屋が解説】という事で僕のブログはシリーズになっています。
宜しければ過去の投稿も合わせて読んで頂き、服選びの際の参考にして頂けたら嬉しいです。

#1 そもそもセルビッチとは、なぜ日本のデニムが…https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/20210128_ysd/

#2 デニムの染色について
https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/20210301ysd/

#3 製織 織機について
https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/20210402/

#4 織機 part 2
https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/20210603/

#5 整理加工 仕上げについて

https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/2021-07-01/

#6 ヨコ打ち換え 生地の話
https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/20210730/

#7 染色について

https://www.denimlabo.com/info/blog_c/denimlabo/21_9/

 

 

桃太郎ジーンズやJAPAN BLUE JEANS・SETTOなど
デニム研究所でお取り扱いのある製品を全てお試しいただけます。

 

【TRY ON SERVICE お問い合わせ先】
デニム研究所 さんすて岡山店
Mail:denimlabo-ok@japanblue.co.jp
TEL:086-206-3955
Instagram:@denimlaboratory_storeofficial
Twitter:@denimlabo_JB

 

======================================

デニム研究所 by JAPAN BLUE

「デニム研究所とは?」

倉敷・児島のテキスタイルメーカー「ジャパンブルー」が手掛ける5つのジーンズブランドを
様々な視点でセレクトしたブランド複合型店舗。
「自分の個性にフィットしたジーンズ」を発見できるラボラトリーのような空間を展開し、
ブランドの垣根を越えて新しいスタイリングを提案していきます。

取り扱いブランド:桃太郎ジーンズ/JAPAN BLUE JEANS/URVIN/SETTO/NEGATIVE DENIM

 

◆倉敷店
ADDRESS:岡山県倉敷市本町5-8
TEL:086-436-7347
MAIL:denimlabo-kr@japanblue.co.jp

◆さんすて岡山店 
ADDRESS:岡山県岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山北館1F
TEL:086-206-3955
MAIL:denimlabo-ok@japanblue.co.jp

◆ONLINE SHOP
URL : www.denimlabo.com/
TEL:086-486-0002

◆SNS
Instagram:@denimlaboratory_storeofficial
Twitter:@denimlabo_JB

======================================